キャッシュパスポートとは?安心して海外旅行をするためのプリペイドカード・キャッシュパスポート

キャッシュパスポートとは?安心して海外旅行をするためのプリペイドカード・キャッシュパスポート

キャッシュパスポートとは?安心して海外旅行をするためのプリペイドカード・キャッシュパスポート

キャッシュパスポート

 

海外旅行に行く人の多くが盗難を心配しており、実際に海外旅行中のトラブルのトップは圧倒的に盗難です。

 

特に、現金を持ち歩いている時はスリやひったくりが非常に気になります。

 

そんな時に、海外でも使えるプリペイドカードがあれば、必要な金額だけ持っていればいいので過度に心配する必要がありません。

 

そんなニーズを満たしてくれるプリペイドカードがあり、それが「キャッシュパスポート」です。

 

海外にいる時に現地通貨でお金を引き出せるため、日本での両替の手間も省けます。

 

キャッシュパスポートはMasterCardのグループ会社であるMasterCardプリペイドマネージメントサービシーズジャパンから発行されています。

 

キャッシュパスポートとは?

キャッシュパスポートは以下の9種類の通貨を利用できます。

 

チャージする際は会員専用口座に日本円でチャージし、引き出す時に外国通貨で出金できます。

 

・日本円、・米ドル、・ユーロ、・英ポンド、・豪ドル、・NZドル、・カナダドル、・シンガポールドル、・香港ドル、(その他の国の通貨に両替することも可能です)

 

MasterCard(またはMaestro)のマークのあるATMで現地通貨での出金ができ、当然MasterCard加盟店でのショッピングもできます。

 

ただし、日本国内のATMや店舗では使えず、ネットショッピングもできません。

 

キャッシュパスポートの利用限度額

キャッシュパスポートの各限度額は以下の通りです。

チャージ 100万円/回、500万円/年
ATM引出 15万円相当/日
チャージ残高 200万円
ショッピング 85万円/日

*ATMによっては引出限度額が15万円より低い場合があります。

 

キャッシュパスポートのメリット

キャッシュパスポートのメリットには以下のことが挙げられます。

 

@スペアカード

キャッシュパスポートの最大のメリットはカードを失くしても、スペアカードが使えることです。

 

他のプリペイドカードは紛失すると、利用停止(不正利用の防止)をすることしかできませんが、キャッシュパスポートはスペアカードによって引き続き使うことができます。

 

なお、オリジナルカードとスペアカードのPINコード(暗証番号)は異なっています。

 

また、暗証番号を忘れても、WEBサイトで確認できます。

 

海外プリペイドカードの場合、暗証番号を忘れると再発行になったり、文書での回答になったりするので、現地で思い出せないと使えなくなります。

 

Aチャージ方法の選択

キャッシュパスポートは入金した時点で外貨に両替することができます(事前両替型)。

 

従って、円高の時に両替しておくとお得に両替できます。

 

利用した都度円に両替するタイプだと(都度両替型)、円安になっている場合に損することになります。

 

キャッシュパスポートは事前両替と都度両替を選択することができます。

 

B計算がしやすい残高表示

キャッシュパスポートのマイページの残高表示が外貨になっているため、あとどのくらい使えるのかを現地ですぐに確認できます。

 

一般的に残高表示は円でされているため、現地で利用するにはいちいち計算し直さなければなりません。

 

CICチップ搭載

ICチップが搭載されているため、スキミングの防止も万全です。

 

DTポイントの付与

キャッシュパスポートには普通のキャッシュパスポートとTポイント付きのキャッシュパスポートの2種類があり、Tポイント付きの場合は200円で1ポイントのTポイントが付与されます(1ポイント:1円、還元率0.5%)。

 

キャッシュパスポートのデメリット

キャッシュパスポートのデメリットには以下があります。

 

@高い手数料

キャッシュパスポートの手数料は以下になりますが、負担が大きく、高コストになっています。

年会費 無料
カード発行手数料 無料
スペアカード発行手数料 無料(1枚)
チャージ手数料 入金額の1%
ATM出金手数料

200円/回
事前両替:米ドル・2米ドル
ユーロ・1.75ユーロなど

為替手数料 4%
カード管理手数料 無料

 

ATM引出手数料

海外には独自の利用手数料を別途徴収するATMもあるため、無料のATMを使った方が賢明です。

 

カード管理手数料

1年に1度も利用しないと管理手数料がかかります(日本円で150円/月)。

 

つまり、1年に1回は海外へ行く人でないと無料で利用できないことになります。

 

ただし、残高が150円に満たない場合は請求されることがないため、1年以上海外に行く予定が無い場合は、空港で使い切ってから帰国した方が無難です

 

。残高が無い状態でも、再度入金すればまた使えるようになります。

 

使いにくいWEBサイト

日本企業のWEBサイトに比べると、若干使いにくい面があります。

 

海外からの入金

海外旅行中にキャッシュパスポートのチャージ残高が足りなくなれば、スマホからインターネットバンキングを使って専用口座に入金することができます。

 

ただし、ホテルのWiFiサービスなど、セキュリティの万全なものを利用すべきです。

 

キャッシュパスポートは手数料が高めですが、現地でお金を使う分には非常にメリットの高いプリペイドカードです。

 

ちなみに、キャッシュパスポートを現地で無くし、お金借りたい場合に、最寄りのMasterCard加盟店で現地通貨を受け取れる「現金手配サービス」もあります。

トップへ戻る