MENU

支払を利息だけにした場合問題はあるのか?

小銭画像

多重債務で返済が苦しくなると、毎月の返済額を下げたいと誰でも思うはずです。

 

例えば、金利18%で30万円借りていて、毎月の最低返済額が12,000円だった場合、30日間の利息は4,438円です。

 

最低返済額の12,000円を入金すれば、差額の7,562円が元金に充当されるのですが、返済が厳しく9,000円しか手持ちが無い場合があります。

 

その場合、手持ちの9千円を返済したらどうなるのか?30万円の残高だった場合、最低でも12,000円以上の返済と書いてある。

 

しかし、利息は4,438円なので充分足りるけれど、これは契約違反になるのか?これについて説明したいと思います。

厳密に言えば契約違反だが毎回でなければ大丈夫かも?

契約書に残高スライドリボルビング方式の返済の場合、20万円〜30万円は12,000円以上の支払、30万円超〜40万円は16,000円の支払いなどと記載されています。

 

その最低返済金額を下回って返済した場合は、厳密に言えば契約違反となります。しかし、それだけで一括返済を請求されることはまずありません。

 

では消費者金融などのカードローン会社は定額入金より下回って返済があった場合、どうするのか?

 

定額不足の返済があった場合、1回程度ならば電話や手紙は来ることは無いと思いますが、毎回のように不足していた場合、必ず電話か手紙が届きます。

 

まだ利息に足りている返済の為、早急に不足分を上乗せして入金して欲しいと言われないにしても、次回より必ず契約通りの返済額以上を入れてくださいと念を押されるはずです。

定額入金ができない場合は連絡すること!

もし、契約通りの返済がどうしてもできない場合は、すばやく業者に電話することが大切です。

 

仮に最低1万円以上の返済になっていて、5千円しか今月支払ができなければ、正直にその旨を電話で連絡しましょう。

 

今までの返済が問題ないのであれば、9割方、「今月だけは5千円で大丈夫ですよ。」と言ってくれるはずです。

 

しかし、これが毎回になると、了承はしてくれませんので、不足分をいつまでに支払するのか決めなければなりません。

利息だけ返済した場合問題があるのか?まとめ

まとめとしては、1度ぐらいの利息だけの返済であれば、連絡したうえで入金すれば全く問題はありません。問題があるのは、利息にも足らない金額だった場合、又は、毎回定額よりも少ない返済をしている場合です。

 

利息だけ返済していれば当然ですが元金は全く減らず、いつになっても借金が完済することはありません。

 

消費者金融会社などは、リスクある顧客は早期回収をしてきますので、リスクが高いと思われれば、融通も利かなくなります。

 

くれぐれも毎回無断で利息だけの返済をすることは、危険ですのでやめておきましょう。きちんと連絡して、相手側から了承がもらえれればOKと言うことです。