債務整理した場合のデメリットとは?

MENU

債務整理した場合のデメリットとは?

債務整理を弁護士や司法書士へ依頼しようと思った時に、不安になるのは依頼した場合の自分自身のデメリットです。

 

債務整理は、自己破産・任意整理・特定調停・民事再生(個人再生)などが含まれ、借金を圧縮又は、帳消しとなるメリットは誰でもある程度理解していることだと思います。

 

しかし、重要なのは、デメリットの部分です。債務整理を依頼して、こんなデメリットがあるなんて知らなかった!と後でも後悔してもすでに遅いのです。債務整理をすることによるデメリットに関して説明します。

1番のデメリットは信用情報の事故情報

債務整理を依頼した場合の1番のデメリットとなるのは、自分自身の信用情報に事故情報が登録されてしまうことです。

 

事故情報とは、ブラック情報とも呼ばれていて、その情報が一度登録されると、5年間を超えない期間登録されることになります。

 

信用情報とは、消費者金融であればCICとJICCが指定信用情報機関となっており、貸金業者では融資の際には必ず指定信用情報機関の信用情報を照会することと、法律で決まっているのです。

 

その為、信用情報の照会をした場合に事故情報が登録されていれば、全ての貸金業者(消費者金融・クレジットカード・信販)などの審査はまず通らなくなります。

 

しかも、事故情報は他業種とも交流されており、貸金業者以外の銀行等でも事故情報の有無は分かるようになっているのです。

事故情報が消えるまでは住宅ローンも自動車ローンも借りられない?

事故情報は貸金業者以外にも交流されていることから、住宅ローンの審査や自動車ローンの審査も通らなくなります。

 

住宅ローンでは、保証会社が付きますが、保証会社の審査はCICやJICCに加盟しているところもあり、その関係で債務整理をした事故情報により借りられなくなるのです。

 

保証会社が加盟していなくても、先ほど言ったようにブラック情報は交流されていることから、それが消えるまではすべてのローンが組めなくなると言っても過言ではありません。

 

債務整理したデメリットの1番は、今後ローンが組めなくなる可能性が高いということです。しかも、それは情報が消える5年間という長期の期間です。クレジットカード1枚も作れなくなるのはかなり痛いデメリットと言えます。

延滞3ヵ月でも事故情報は登録されます!

ここまで書くと、債務整理をしたら、かなりデメリットがあるように感じますが、実際のところ、デメリットは信用情報の事故情報だけです。しかも、その事故情報は債務整理をした場合のみにつくわけではなく、延滞などの滞納の場合でもつきます。

 

信用情報では延滞日数が3ヵ月を越えた時点で、事故情報になっています。ですので、すでに3ヵ月以上滞納している人は、もうすでに事故情報が登録されていますので、いまさら債務整理の事故情報に拘る必要は全くないのです。

 

ブラック情報は数種類ありますが、内容は違っても1つでも登録された時点で、ローンは通らなくなると考えてください。

 

その為、他の事故情報がすでに登録されている人は、債務整理を依頼したところでデメリットはほとんどないのです。借金は放置してもなんの解決にもなりません。債務整理をして借金から解放されることを第一に考えることが重要なのです。(出典:オリックス銀行カードローン審査の体験談!口コミも掲載)